システムエンジニアの激務への緩和策

確かな開発を行うには、当初の計画が重要である。開発する情報システムに適した開発計画を立案することで、期限内での開発を可能にする。
しかしながら、不確定要素は少なからずある。思いもよらないトラブルから、スケジュールが立て込むといったことがよくある。そうなると、開発現場で仕事に従事しているシステムエンジニアに負担が及ぶ。納期間近となって激務に終われ、余裕がないといった事態はできるだけ避けたいことではある。

激務となる傾向が多い労働環境をできるだけ緩和するためには、必要な時に人員を確保できる手段を用いることが対策の方法としてある。
開発に加わるスタッフの数が増えれば、それだけ一人当たりのシステムエンジニアに対する負担が少なくなる。従来であれば非常に激務であった現場でも、人員の補充により負担軽減が図られる。
そのためには、必要に応じて人員の補充ができるような、外部のシステムエンジニアの人材がなければならない。フリーやあるいは派遣で活動しているエンジニアを一時的に開発スタッフとして導入し、納期が迫った危機的な状況に対しての対応ができる。

開発スタッフに対する負担を軽減する事は、現場の責任者にとって心がけるべき事柄であり、責任を持って対処しなければならない。これまでは業界の通例として甘んじてきた面もあった判断も、開発力の維持やさらなる向上のためには、仕事の負担軽減への対策は行っておくべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です